お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

第17話 プリズン・ブレイク「J-CAT」のあらすじ

天上が真っ青の青空です!いい天気・・・!でも今日はまぶしい光が目にしみます。
昨晩のウェントワースミラーが背中に火傷を負う時、ばれるから声を出せずに苦痛に満ちた迫真の演技がすごかったですね。そしてタトゥーがすごい!マイケルのズバ抜けたIQでどう脱出して行くのか?何時も眠いけど次回がとても楽しみです。
今日は昼休みに書いてます。仕事熱心にみえるかなぁ?

DRサラはマイケルの火傷の傷口に張り付いていた布が看守の征服の一部だとわかり、ウォーデン所長にそれを報告する。所長は自体を重く受け止め、直ぐにマイケルを呼び出して質問をした。しかし、脱獄を企むために看守の制服を着ていたマイケルは答えられるわけも無く、その罰として懲罰房へ連れて行かれてしまう・・。既に懲罰房へ入っていたリンクは、火傷で失ってしまったパイプ図を思い出そうとしているマイケルが懲罰房で頭が狂ってしまわないかと心配をして常に話掛けている。しかし、マイケルは壁を殴り始め・・頭が狂ってしまった。

突然看守の休憩室の修理をしていたPIの仕事に終わりがきてしまった。最後の作業を丁寧に終らせるためにカーペット業者が明日から修理にあたると告げられメンバーは焦る。このままでは床に掘ってある脱獄用の穴がみつかってしまう。そこで、唯一仕事外で休憩室までいけるスークレに皆が穴を埋めるように頼む。スークレはそんなリスクは犯したくないと断るが、それが唯一残された道であることも知っているため、いやいやながら引き受けることになる。仕事を引き受けたスークレは、T-Bagにオカマ囚人のパンティーを取ってきてほしいと頼む。さすがのT−Bagもあれは厳しいと・・と断るが、脱獄のためならとこのオカマちゃんと寝てパンティーを取ってくるのだ。

一方のL.J.達は、いつまでも一歩も話が進むどころか相手に追いやられてばかりで嫌気がさしていた。しかし、ニックの案で、以前に隠れていたところでクィンを井戸に落としたことを思い出す。その現場へ向かい、L.J.を井戸の下までロープでおろして携帯を拾い上げた。井戸の底では、クィンが死ぬ前に書いたケラーマンの本名が彫られており、L.J.は二人に報告はしなかった。後にL.J.はインターネットを使ってケラーマンの居所を調べて、ニックとベロニカがいない間にケラーマンに復讐をしにいくことに・・。ケラーマンの家までたどり着いたL.J.は、裏口の窓を割って家に進入した。丁度表の玄関からケラーマンが帰宅してきたところを待ち伏せて、ケラーマンに復讐をしようとするが、近所の人に窓を壊すところを見られていたL.J.は警察に逮捕をされることに・・。

スークレは夜に、一人で洗面所のしたの穴から休憩所に向かった。明日には業者がきてしまうので、床の穴をセメントで埋めなおす作業をする。その後に外に出て自分の房までも戻ろうとするが・・監視員に見つかってしまいベリックに尋問をうける。脱獄未遂をしていると思われ、このままでは大変なことになってしまうスークレだが、T-Bagにとって着てもらったパンティーを見せると、実はこれは彼女のものでこれをとりに中庭に抜け出したと旨く口実を作る。それが救いとなり、スークレは懲罰房いきのみで済んだ。

懲罰房に入ってから、明らかに様子のおかしいマイケルを心配するリンカーンは、看守を呼びつけてマイケルの確認をしてもらった。案の定マイケルは血まみれで倒れており、すぐにDrサラが呼ばれて診察がはじまる。精神異常との診断がでて、マイケルは精神科棟へ移送されることに・・。精神科棟につれてこられたマイケルは、異常をきたしており、目の焦点があっていなかった―しかし、以前の同房者のヘイワイヤーを見つけるといなや、通常のマイケルにもどった。マイケルは最初から精神科棟へ来る為に頭が狂ったふりをしたのだ。マイケルが精神科棟へきた理由は唯一つ。火傷で亡くなってしまった「地図」を唯一みぬいていたヘイワイヤーに書き直して貰うことだ。

しかし・・マイケルがヘイワイヤーに話を掛けると・・「お前は誰だ?」と完璧に忘れ去られていた・・?。


◆リンカーン・バローズ
囚人番号:19138
罪状:副大統領の兄弟を銃殺
刑期:死刑
マイケルは母方、リンカーンは父方の姓を名乗る。マイケルの兄で唯一の肉親。基本は善人なのだが、トラブルに巻き込まれやすい。今回に限っては無実だと断固主張するが、出てくる証拠は彼に不利なものばかり。頼みの綱は、マイケルと元恋人のベロニカだけ。


さて昨晩は第17話でした。かっこいいウェントワースミラーじゃまたね・・・!

毎週木曜日に日本テレビで 26:05〜27:00で放映中!
放送時間と曜日はそれぞれ違うようですが、日テレ系のネットッワークでやってるよ。